FC2ブログ

ひよこの奮闘ブログ

すみませんでした。

この間、高校生2人のマスボクシングを見ました。
激しい打ち合いで両者共ぐらつく場面もあり、会長からは
「うちは当てないのがマスボクシングやぞ!」
と注意を受けていました。
僕も見ていて、とにかく距離が無茶苦茶で本間に危ない!と思っていました。
そして今日、マスボクシングで何回かパンチを強く当てられました。
目が完全に治っていないこともあり、カチンと来たのか自分から当たる距離に入り右を何回か強く振り抜き当てました。
前日に見て、危ないと分かっていたのに故意に当ててしまい、その後お互いに謝りましたが僕のとった行為はあまりに軽率で身勝手だったと深く反省しています。
これからは、より意識して練習に取り組んでいきます。
しかし、一つだけ考えて欲しいことがあります。
僕はよくマスボクシングをした人に「徳山には当たらん」と言われます。
今日も「当たらんと思って…」
と言われました。
そう言われるのはとても嬉しいのですが、僕に当てにいっても当たらんから、当てないマスボクシングになる!
というのは少し違いませんか?
僕がパンチを避けたりするのが得意なのは、しっかりと自分の距離を理解して相手の距離じゃなく自分の距離で戦うからです。
これが全てではないですが、僕は自分の距離で戦う=相手のパンチを防ぐ!ということにも繋がると思います。
僕は正直、全国レベルでもないですし大阪府内だけでゆうても上にいける実力もありません。
巧い人とマスボクシングをすると寸止めですが、やはり相手の距離で戦ってしまい押されていきますし僕のパンチは届きません。

今日こんなことしといて何ゆうとんねん!となるかもしれませんが、僕はマスボクシングのときには絶対に当てないことを心掛けてやります。
その中で例えば相手が不用意に距離を潰しにきたりすると当てないですが右アッパーから左フック等でまわしたりして距離をとります。
しかし当たってはないので相手をまわすまでは距離は潰されます。
さっきもゆったのですが、僕はそこまで巧くありません。
自分の距離じゃないときに当てにこられるとやはりもらいます。
けど実際には不用意に突っ込んできても簡単には距離を潰さしてくれないので、うちのマスボクシングはそこの距離の潰し方や距離の取り方を練習するのが目的で距離を潰した後の練習はスパーだと思います。
僕はマスボクシング等で殴られてもだいたいのことは自分が下手クソやからもっともっとディフェンスを練習しよ!となります。
ボディー等は特に練習になるので嬉しいくらいです。
まぁ実際に下手クソやからもらうわけで、もらう僕が悪いのは事実です。
しかしウイングジムは当てないマスボクシングです。
危険やから!ってのが一番の理由だと思いますが、会長はもう一つ大きな理由として自分の距離をしっかりと理解し、いかにして自分の距離で戦うか!を練習するという目的もあると思います。
だから、距離が分かるとパンチが届く距離がわかるので、ここまで踏み込むと当たるが、ここまでなら当たらない!
と言うことが分かるので当てないマスボクシングにしているんだと思います。

だからといってすぐにやれ!
というのではなく、距離がわかるのにも練習がいりますし、1日2日で会得できるものではありません。

だからこそマスボクシングをするときに、少しだけ自分の距離と言うものを意識してみてやって欲しいです。

その為に僕で良かったらいくらでも相手になりますし、僕も気付かされることがたくさんあると思います。
これからも気兼ねなくどんどん誘って下さい。

長々とすみません。
今日は本当に考えさせられた1日でこの反省を次の練習にいかしていきたいです!
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

よく考えて練習しているな~感心するよ!
丁度、僕とこのブログでもスパーについて意見が出ているのでみんなに紹介しときます。

ほんとにマスやスパーは考えてしなければ自己満足止まりで意味がないからね~。

この次は縄跳び教えて下さいね!

koto | URL | 2007年11月13日(Tue)20:14 [EDIT]


公認会計士

公認会計士とは、企業はもちろん、各種法人の会計監査業務を独占的に行える国家資格 http://danger.stepuptechnologies.com/

| URL | 2008年12月11日(Thu)03:06 [EDIT]